本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の農業体験・漁業体験ツアー

北海道の農業体験・漁業体験

2015-04-15T13:56:52+09:00 2015/04/15

北海道の農業体験・漁業体験ツアーツアー

北海道農業体験情報・ふれあいファーム

北海道庁の公式サイト。

北海道各地の「ふれあいファーム」が紹介されています。

ふれあいファームとは、農作業体験や農業者の方々との語らいを通して、日頃接する機会の少ない農場の実際に触れ、農村の魅力を感じてもらうための交流拠点です。

ここに登録されてる農業や農園、牧場、ファームは都市と農村の交流に意欲的な農業者が中心です。

企画されてる体験メニューは、農業体験や家畜とのふれあい体験、果実の収穫体験、農産物の直売、工芸品の手作り体験等、特色あるものが用意されています。

農場へ訪問する場合は一部の観光農園を除き、事前に農場主の方と連絡をとるようにします。観光農園以外は原則として普段の仕事場ですから、手が空いている時期や時間等を確認する必要があります。

スポンサーリンク

いぶりの体験型観光・農林漁業体験

北海道庁の公式サイト。

いぶり(胆振)支庁は北海道に存在していた支庁のひとつで、胆振国(いぶりのくに)からその名前が付けられたそうです。

胆振国(いぶりのくに)は、かつての日本の国のひとつで北海道に含まれていました。現在では道南から道央にかけての地域に位置します。

wikiで調べると、現在の胆振総合振興局管内の全域、渡島総合振興局管内の長万部町と八雲町のうち旧熊石町を除く部分、後志総合振興局管内の虻田郡、石狩振興局管内の千歳市・恵庭市、上川総合振興局管内の占冠村にあたります。

いぶりに該当する地域で行われている農林漁業体験が紹介されています。

農業体験学習を初めとして、動物とのふれあいやアウトドア活動、野菜や果物狩り、自然体験等、各地で開催されている体験メニューが載せられています。

北海道の基本情報

  • 面積・約78,000k㎡(北海道本島)
  • 人口・約5,476,000人
  • 気候・道南の一部沿岸地域を除くと、ほぼ全域が亜寒帯湿潤気候。
  • 県庁所在地・札幌
  • 札幌の人口・約1,912.000人
  • 札幌の気候・亜寒帯湿潤気候と日本海側気候、内陸性気候の合併気候。

北海道は広大な面積(約83000km2)を誇るため14のエリアに分けられています。そのエリアが4つの地域に区分されています。

  • 道央・・・石狩支庁・後志支庁・空知支庁・胆振支庁・日高支庁
  • 道南・・・渡島支庁・檜山支庁
  • 道北・・・上川支庁・留萌支庁・宗谷支庁
  • 道東・・・釧路支庁・網走支庁・十勝支庁・根室支庁

関連記事・参照先

-全国の農業体験・漁業体験ツアー