本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



田舎暮らし支援情報

香川県の田舎暮らし支援情報

2015-03-31T14:27:10+09:00 2015/03/31

香川県の田舎暮らし関連情報

香川県は四国の北東部に位置する瀬戸内海に面した県です。

香川県の総面積は約1,870k㎡と日本で最も狭い県と言われます。しかし、平野が多いため狭いわりには人口密度は高い県なのです。

瀬戸内海の北部にはオリーブの栽培で有名な小豆島の他、数々の島が点在しています。

ここでは温暖な気候を利用して柑橘類の栽培が盛んに行われています。

香川県は讃岐うどんでも有名です。

それは、県名を「うどん県」へと改名しようとしたことからも伺えます。

気候は瀬戸内海式気候に属し、晴天が続き雨の量が少ないのが特徴ですが雪がまったく降らないというわけではありません。年に1・2回は降るそうです。

特産物では、水産業はいわしやしらす、いかなご、といった海面漁業の他、真鯛やのり、はまちといった養殖も盛ん。

温暖な気候はみかんやオリーブ、といった柑橘類の生産に適しています。

又、米やレタス、たまねぎ、ブロッコリー、きゅうり、といった農産物も特産となっています。

香川県は大小100以上もの島を持っています。それらの市町村で行っている定住支援制度や支援団体、就職情報などを紹介いたします。香川県で田舎暮らしをしたいような方は参考にしてみてください。

香川県の移住・定住支援や各種体験教室・メニュー

ええ・かがわ

このサイトは香川県に移住やUターンを考えている方に、香川暮らしをはじめるための情報を発信しています。

様々な支援制度がありますので、その一部を紹介いたします。

スポンサーリンク

住むところを探したいときは

『香川が新しいふる里 かがわ住まいネット』という、県・市町と不動産事業者団体の連携・協力の下、不動産事業者団体が管理・運営する空き家バンク制度が紹介されています。

このシステムでは香川県全域の空き家等の情報を見ることができます。

又、市町村単独の空き家バンクとして、「観音寺市」「三豊市」「土庄町」「小豆島町」「直島町」「まんのう町」が載せられています。

仕事を探したいときは

香川県庁内には就職サポートセンターが、東京と大阪の県事務所にはそれぞれ人材Uターンコーナーがありますので、専門員が就職・就業についてアドバイスしてくれます。
又、就職サポートセンターのホームページ「jobナビかがわplus」では、県内企業の求人情報の閲覧や求職登録ができますし、県内企業の求人情報は、ハローワークインターネットサービスでも見ることができます。

農業・漁業について知りたいときは

就農に関する相談は、香川県新規就農相談センターで聞けますし、求人情報は「全国新規就農相談センター」の「求人情報」でも見ることができます。

香川県での農業や作物については「かがわアグリネット」を、農業・農村生活を体験するグリーン・ツーリズムについては「かがわのグリーン・ツーリズム」で調べることができます。

漁業についての就業に関する相談は、香川県漁業就業者確保育成センターで、求人情報は「全国漁業就業者確保育成センター」の「求人情報」で見ることができます。

体験メニューを探したいときは

田舎暮らしを始める前に、様々な体験ツアーを利用してはいかかでしょう。

グリーンツーリズムや島暮らし体験、農業体験、滞在型体験宿泊施設、等が用意されています。

香川暮らしのコツ

香川県で暮らすための情報として、県民性の紹介や、香川県で見ることができるTV、道路状況、レジャー情報、うどんとの接し方、等、かなりコアな情報が紹介されています。

暮らしに必要な情報も大切ですが、このような県独特の風習みたいなものは参考になると思います。

さぬき瀬戸しまネッ島

このサイトは、瀬戸内海に浮かぶ島々を多くの人にもっと身近に感じてもらうことを目的とした、島と人とのコミュニケーションサイトです。

香川県に属する大小様々な島の情報が紹介されています。

観光で行きたい島、住んでみたい島、人それぞれ興味や目的は違うかもしれませんが、これを見ると必要な島の情報が全て載っているので参考になると思います。

関連記事・参照先

-田舎暮らし支援情報

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら