本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



山陰・中国地方の仕事・就職・UIターン支援情報

山口県のUIターン支援・仕事・就職情報

2015-04-03T13:27:56+09:00 2015/04/03

山口県の産業の特徴

山口県は瀬戸内海と日本海に面いている県です。

瀬戸内海側は、宇部・山陽小野田などの西部地域では、美祢市のカルスト台地から産出する石灰石を原材料とするセメント製造工場が立地しています。

周南・岩国など東部地域の石油精製コンビナートでは、ソーダなど化学製品を生産する企業が集中しています。

高速道路網などを生かした流通業なども発展しており、瀬戸内工業地域の一角を成しています。

又、「マツダ」、「日立製作所」、「三菱重工業」など、大手輸送用機械メーカーが揃い、その周辺に関連産業が集積しています。

近年では医薬品分野や環境分野にも進出し、医薬品の分野では、多くの医薬品製造施設が山口県に立地し、年間の医薬品生産額は全国トップクラスになっています。

瀬戸内沿岸は今もこのように発展していますが、大正時代は造船、化学、機械、金属などの工場が次々に進出し、第二次大戦後は、石油化学コンビナートが形成され、全国有数の工業県に発展したようです。

山口県の農業

山口県は伝統的に米つくりが盛んです。水田が総耕地面積の8割、米が農業粗生産額の約4割とそれぞれ大きなシェアを占めています。

他の農産物の農業粗生産額に占める割合は、畜産約3割、野菜約2割、果物約1割となっています。

山口県の漁業

山口県は三方が海に面しているということで、豊かな水産資源に恵まれ、古くから水産県として栄えてきました。江戸時代は捕鯨が盛ん。

現代の山口県も漁業は盛んで、漁獲量で、アマダイ、フグ類、サザエは全国第2位、イサキ、アワビ類が全国第4位 、マダイ、クルマエビ、マアジは第5位(いずれも平成21年実績)と、多くの種類の魚介類で全国上位 を占めています。

特に、フグは、下関市の南風泊市場で全国のフグの大半を取り扱っており、日本一の取扱量 を誇っています。

スポンサーリンク

山口県のUIターン支援・仕事・就職情報

Uターン・Iターンのご案内(おいでませ山口館)

おいでませ山口館とは、東京日本橋にオープンしている山口県の情報ターミナルです。

山口県の特産物を展示・販売しているコーナーもありますし、民芸品の展示・販売、観光案内など山口県が満載に詰まっています。

そんな中で「UJIターン相談コーナー」が設けられています。

山口県に戻りたい。山口県で働きたい。そんな思いをもつ方たちに、山口県の最新の雇用情報を提供しています。又、団塊の世代の方のUJIターンに関するご相談も受け付けています。

受け付けている相談内容と、提供している情報は以下のようなものです。

  • U・Iターン就職に関する各種相談
  • 県内企業の情報提供及び求人情報の提供
  • 就職フェア・ガイダンス等の開催案内
  • 農業・林業・漁業への就職手引書の案内
  • 学生向け求人情報・面接会等の情報提供
  • 県内企業への求職者情報提供・相談等
  • 団塊の世代の定住促進に関する相談(UJIターン支援)

詳細は「Uターン・Iターンのご案内」をご覧ください。

 新規就農・担い手支援に関する情報

山口県では、(財)やまぐち農林振興公社を中心に、市町や農林業関係団体と連携して、人材発掘から経営安定に至るまでの一貫した支援体制を整備し、地域農林業の担い手の確保・育成に努めているということが載せられています。

また、効率的かつ安定的な農業経営を目指す「認定農業者」の育成や、集落営農の組織化、法人化に取り組んでもいるそうです。

新規就農者を支援する制度としては、農業制度資金の融資や就農研修、認定就農者制度等、様々な就農支援が用意されています。

詳細は「就農・担い手情報」をご覧ください。

関連記事・参照先

-山陰・中国地方の仕事・就職・UIターン支援情報

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら