本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の公共空き家バンク

北海道の空き家バンク

2015-04-05T12:58:07+09:00 2015/04/05

北海道各地の空き家・不動産情報

北海道は広大な面積(約83000km2)を誇るため14のエリアに分けられています。そのエリアが4つの地域に区分されています。

  • 道央・・・石狩支庁・後志支庁・空知支庁・胆振支庁・日高支庁
  • 道南・・・渡島支庁・檜山支庁
  • 道北・・・上川支庁・留萌支庁・宗谷支庁
  • 道東・・・釧路支庁・網走支庁・十勝支庁・根室支庁

空き家情報がある地域は下記の市町村です。

市町村によって、売買や紹介に関する制度やルールに違いがありますから各ホームで詳細をご確認ください。

  • 道央地域・・・「恵庭市」「黒松内町」「ニセコ町」「芦別市」「南幌町」「厚真町」「洞爺湖町」「安平町」「新冠町」
  • 道南地域・・・「七飯町」「福島町」
  • 道北地域・・・「富良野市」「東川町」「増毛町」
  • 道東地域・・・「新得町」「本別町」「標津町」

スポンサーリンク

道央の空き家(空き家バンク)

・恵庭市

札幌市と新千歳空港のほぼ中間に位置します。充実した都市機能と美しい田園風景、恵まれた自然環境を有する道央の中核的都市です

詳細は「恵庭市移住・定住支援サイト・ガーデンシティLife」をご覧ください。

・黒松内町

北海道後志総合振興局管内の南端にある町です。「ブナ」北限の町として知られています。

詳細は「黒松内町移住相談窓口・移住者向け空き家情報」をご覧ください。

・ニセコ町

ニセコ町は景観に恵まれた地ですが、豪雪地帯としても知られています。

広大な土地のためインフラ未整備の地区も多くあります。

詳細は「しりべし空き家BANK」をご覧ください。

・芦別市

芦別市は、全国の都市部の中でも広大な面積(865.02k㎡)を持ちます。

面積の約88%が森林という自然豊かな地です。「星の降る里」として知られています。

詳細は「空き家・空き地情報バンク」をご覧ください。

・南幌町

札幌市などの大都市近郊に位置しながらも、田園風景を有する町です。

詳細は「札幌圏で田舎暮らし・空き家・空き地情報バンク」をご覧ください。

・厚真町

北海道南部、胆振総合振興局管内勇払郡にある町。

浜厚真地区の海岸はサーフィンに適していることで知られる町。

詳細は「厚真町空き家バンク制度」をご覧ください。

・洞爺湖町

北海道南部に位置し、平成18年3月27日に虻田町と洞爺村が合併した町です。

気候温暖な地方で北海道の湘南地方と呼ばれるらしい。

詳細は「洞爺町空き家情報登録制度」をご覧ください。

・安平町

旧追分町と旧早来町が合併し誕生した町。

全国有数の馬産地で知られています。ディープインパクトが種牡馬として生活しています。

詳細は「町の不動産情報」をご覧ください。

・新冠町

北海道の日高振興局中部にある町で、日本有数の軽種馬産地として知られています。

レコードと音楽による街づくりを進めています。

詳細は「新冠町への定住・移住ガイド「空家・空地情報」」をご覧ください。

スポンサーリンク

道南の空き家(空き家バンク)

・七飯町

北海道渡島半島の南部に位置し、函館市から約16kmの距離にあります。

降水量は少なく、道内では最も温暖な気候に恵まれています。

詳細は「ななえ空き家・空き地バンク」をご覧ください。

道北の空き家(空き家バンク)

・富良野市

北海道を代表する観光都市の一つ。

ラベンダーとドラマ「北の国から」で知られています。

詳細は「富良野の住まい情報バンク」をご覧ください。

・東川町

日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部になっている町です。

詳細は「東川町に住んでみませんか?」をご覧ください。

・増毛町

かつてニシンの街として栄華を極めた町。

詳細は「ましけ空き家・空き地情報」をご覧ください。

スポンサーリンク

道東の空き家(空き家バンク)

・新得町

北海道のまん中にあり、美しく雄々しい東大雪の山々と日高山脈に抱かれた町です。

詳細は「空き家・空き室・空き地の情報」をご覧ください。

・本別町

北海道・十勝の東北部に位置する町で、町の半分以上の面積が山林で覆われています。

詳細は「移住ガイド」をご覧ください。

・標津町

根室振興局管内標津郡にある町で、日本有数の鮭の産地として知られています。

詳細は「標津町空き家バンクについて」をご覧ください。

関連記事・(全国の空き家バンク)

-全国の公共空き家バンク

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら