本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の公共空き家バンク

福井県の空き家バンク

2015-04-06T12:54:23+09:00 2015/04/06

福井県の空き家・空き地・不動産情報

福井県の自治体

福井県は「嶺北」「嶺南」の2つの地方で構成されています。福井県には下記の9市8町があります。

  • 嶺北・・・福井市・鯖江市・越前市・あわら市・坂井市・大野市・勝山市・越前町・南越前町・池田町・永平寺町
  • 嶺南・・・敦賀市・小浜市・美浜町・若狭町・おおい町・高浜町

福井県の宅地建物取引業協会

福井県宅建協会に所属している不動産業者の紹介、不動産取引の知識、不動産トラブルにおける無料相談。

福井県宅地建物取引業協会持ち家率

福井県は住みやすさランキングというもので過去日本一になっています。

これは法政大学が「47都道府県の幸福度に関する調査」というものを行った結果福井が総合で1位を獲得しました。

単に気候や物価といったものでの判断ではなく、有効求人倍率や医療・福祉面での充実度、持ち家比率等の住環境、等を総合的に見た結果です。

因みに、平成19年のデータでは持ち家比率は77,4%で全国3位になっています。持ち家の延べ床面積も広く172,6㎡で全国2になっています。

スポンサーリンク

福井県の空き家・古民家(空き家バンク)

・ふくい空き家情報バンク

福井県土木部建築住宅課のページ。

平成20年住宅・土地統計調査によれば、本県の空き家件数は46,700件となっており、住宅総数308,700件の約15%を占めているそうです。

これは全全国的に言えることですが、さらに空き家率というものは年々増加傾向にあるのです。

福井県では、市町と連携し、市場化されていない空き家の掘り起こしと活用のために「空き家情報バンク」を整備しています。

市町の空き家情報を一元化することで、既存ストックの有効活用をはかり、さらに定住促進施策にも活用しています。

詳細は「市町空き家情報」をご覧ください。

福井県住宅診断制度

「ふくい空き家バンク」へ登録すると住宅診断に補助がでる制度。

これは中古住宅の品質や性能に対する不安を解消することで、良好な中古住宅を市場で流通させることを目的にした制度です。

住宅診断の申込み等の手続き・診断の流れ・費用等についての問い合わせは下記になります。

  • 一般社団法人 福井県建築士事務所協会
  • 電話番号 0776-54-1552

住宅診断制度全般について/ふくい空き家情報バンクへの登録についての問い合わせ先は下記です。

  • 福井県土木部建築住宅課
  • 電話番号 0776-20-0506

関連記事・(全国の空き家バンク)

-全国の公共空き家バンク

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら