本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



お試し移住施設・田舎暮らし体験

島根県の田舎暮らし体験

2015-04-14T13:31:07+09:00 2015/04/14

島根県の「田舎暮らし体験」・「お試し田舎暮らし」

しまね田舎ツーリズム

「しまね田舎ツーリズム」とは、農山漁村で、地元の人々との交流を通して、農林漁業体験やその地域の自然や文化、くらしに触れることを目的に開催されています。

田舎の宿に泊まりながら、米作り体験として田植えや稲刈りなど、農作業を手伝うことで地域の人たちとの交流が生まれます。

「しまね田舎ツーリズム」で田舎体験ができる市町村の施設が紹介されています。

しまね田舎ツーリズムの仕組み

ホームページより引用。

農作業体験などをした後で、採れたものを食事に出してもらいたい、その民家で泊まってみたいという要望に対しては、食品衛生法や旅館業法の許可が必要とされており、そのための設備投資も必要であることから、簡単に対応できませんでした。
そこで、島根県では、「しまね田舎ツーリズム」として制度的に後押しし、一定の条件を遵守することを前提に、しまね田舎ツーリズム推進協議会に登録された方については、農山漁村の体験に関わる調理や宿泊の提供ができるようにしました。

詳細は下記をご覧ください。

ホームページ

しまね田舎ツーリズム・おいでよしまね

スポンサーリンク

吉賀町移住体験滞在施設

島根県の南西部最南端に位置する町。

吉賀町では、U・Iターン」「二地域居住」「都市農村交流」を推進し、「交流人口」「移住人口」の増加による地域活性化を図っています。

その一環として、一定期間、吉賀町に滞在して生活体験をしていただく『移住体験滞在施設』を開設しています。

  • 入居対象者・・・吉賀町へのU・Iターン希望者及び吉賀町内での産業体験者
  • 入居期間・・・原則1か月以上12か月まで(中学生以下のお子さんがいる世帯は、最長2ヶ年まで入居可能)
  • 設備・備品・・・冷蔵庫・洗濯機・ガスコンロ
  • 料金・・・15600円~24000円(月額)・子育て世帯向けは、最初の1ヶ年は利用料半額

お試し住宅の所在地・利用料

  • 蔵木地区・・・15,600円(5戸)
  • 蔵木地区・・・24,000円(1戸)
  • 柿地区・・・17,500円(2戸)

必要書類

  • 住民票(入居者全員のもの)
  • 市町村民税の滞納がないことの証明(入居者のうち満18歳以上の方のみ)

詳細は下記の関連記事をご覧ください。

松江市・超長期住宅先導的モデル「美保関 橋津屋」

松江市美保関町美保関にある古民家を再生した「海辺の体験モデル施設」です。

木造伝統工法を残しつつ、ムク材や自然素材を使用し耐震耐火施工、高断熱施工、バリアフリー等を施した新しい形の体験住宅です。

申込方法や設備の詳細は下記をご覧ください。

関連記事・参照先

-お試し移住施設・田舎暮らし体験

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら