本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



お試し移住施設・田舎暮らし体験

東北の田舎暮らし体験

2015-04-12T21:32:09+09:00 2015/04/12

東北地方の「田舎暮らし体験」・「お試し田舎暮らし」

東北地方(青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県)の各地町村で行われている田舎暮らし体験施設や体験メニューを紹介しています。

体験メニューとしては田舎で行われる生活や文化、生活、遊び、行事等が中心です。

体験施設では、生活に必要な備品はある程度備えられています。滞在期間は数日から数ヶ月と幅広い選択が可能です。

体験施設を利用するには、募集条件を満たすことと、必要な応募方法を選択します。応募期間は決められている地域が多いのですが、空き状況次第で随時募集が行われることがあります。

スポンサーリンク

東北地方の基本情報

東北地方に属する県は「青森県」「秋田県」「岩手県」「宮城県」「福島県」「山形県」の6県。6県で本州の約3割を占めています。

◇東北の人口・面積

  • 人口・・・約960万人
  • 面積・・・約66,890km

◇東北の気候

福島県の浜通り宮城県の沿岸部、といった太平洋沿岸を除き「豪雪地帯(一部は特別豪雪地帯)」となります。豪雪地帯とは「豪雪地帯対策特別措置法」に基づき指定された地域です。

豪雪地帯に含まれない太平洋沿岸は、「太平洋側気候」と「海洋性気候」のため、気温差は少なく降水量は比較的多いという特徴があります。冬でも雪はあまり降らず比較的温暖だといえます。

東北・北陸地方の田舎暮らし体験談

東北・北陸地域は豪雪地帯に指定されている地域がほとんどです。冬の暮らしは厳しい面もありますが多くの人が移住に成功しています。

中には短期滞在住宅や田舎暮らし体験施設で何回か過ごしてから移住を決意した人もいるようです。

関連リンク

東北地方各県の自治体がが移住希望者や二地域居住を希望する方に提供している空き家・空き地・古民家・中古住宅情報。

関連記事・参照先

-お試し移住施設・田舎暮らし体験

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら