本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



お試し移住施設・田舎暮らし体験

千葉県の田舎暮らし体験

2015-04-14T11:56:50+09:00 2015/04/14

千葉県の「田舎暮らし体験」・「お試し田舎暮らし」

鴨川市ふるさと回帰支援センター

鴨川市への移住・定住を促進sることを目的に活動しています。

センターの運営は、地元の有志団体などによる連絡協議会が行い、情報の発信と相談受付をなどを通してUJIターン者の定住や一時滞在のサポートをしています。

具体的な活動内容としては、「不動産物件紹介」「就労・就農支援」「定住後の生活相談」等。

移住して農業を始めたいというような人には、移住の前に「日帰り農村体験」と「お泊り農村体験」が用意されれています。

この農村体験では、自然観会や各種の体験メニュー、ハイキングなどが企画されています。

申込・問い合わせ先は下記をご覧ください。

ホームページ

鴨川市ふるさと回帰支援センター

スポンサーリンク

南房総市自然の宿 「くすの木」

「くすの木」は南房総市の北側山間部、和田町上三原地区にあります。

平成7年の統合により122年の歴史を閉じた上三原小学校とその建物と土地を利用し、平成9年に完成した町営の体験交流施設です。

施設の概要は以下のようになります。

  • 宿泊室・・・6部屋
  • 宿泊人数・・・48名
  • 利用料金・・・体験メニューにより指導料・材料費がかかる

体験メニューはすべて事前の予約申し込みが必要です。

いすみ市/プチ田舎暮らし体験

千葉・房総の農園コテージで体験する田舎暮らしができるという旅行プログラムです。

いすみ市にあるログハウスのコテージは、周囲を山々に囲まれ、テレビもなく携帯の電波も届かないという環境。

ここでオーナーの藤江さんと農作業をして田舎暮らしを実際に感じることができます。

田舎料理を作ったり、いちじくの収穫体験等ができます。

プログラムに関する概要は以下のようになります。

  • 料金・・・1棟(1泊・5名まで)10000円
  • 料金に含まれないもの・・・個人的諸費用・食事代

すんべやぁ勝浦

特定非営利活動法人(NPO法人)が運営しているサイト。

サイトの名称となっている「すんべいやぁ」とは「住もうよ」という意味だそうです。

勝浦は、千葉県の南東部に位置する漁業の町です。特にかつおやイセエビの漁獲量は日本でもトップクラス。

温暖な気候にも恵まれ、風光明媚な景色が残っているわりには、首都圏からも近いという立地から、週末だけ田舎暮らしを楽しむといった、二地域居住には大変適した地域ではないかと思います。

主な活動内容は、移住体験会や交流イベントの開催、土地や住まいの情報提供、移住後の各種相談と支援、就農支援、農業体験会、等、定住や二地域居住に向けた様々なサポートを行っています。

詳細は下記をご覧ください。

関連記事・参照先

-お試し移住施設・田舎暮らし体験

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら