本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の観光・旅行・レジャーの穴場スポット

熊本県の穴場

2015-04-11T19:14:13+09:00 2015/04/11

熊本県の穴場情報(観光・旅行・GW・連休・夏休み)

熊本県は九州のほぼ真ん中に位置する県です。阿蘇山があることで知られています。

気候は太平洋気候に属しているため比較的温暖ですが、阿蘇地方の山間部では多量の積雪もあり、気温も氷点下まで下がることがあります。

  •  面積・・・約7,404k㎡
  • 人口・・・約807,800人
  • 気候・・・太平洋側気候
  • 文化財・歴史・旧跡・観光地・・・熊本城 (日本三名城)、水前寺成趣園、阿蘇山、菊池渓谷、不知火海、球磨川下り、山鹿灯籠まつり、佐敷城、他

熊本県にも観光や旅行、夏休みやゴールデンウイークの穴場、グルメスポットなど多くの穴場がまだまだあると思います。

知られてないような観光地やキャンプ、ハイキング、釣り、紅葉狩りなどのアウトドアスポットなども多いでしょう。

熊本県の観光や旅行の穴場と、子供も楽しめるような穴場スポットを紹介しています。

スポンサーリンク

熊本県観光情報・なごみ紀行

観光スポットやイベント情報、特産品・名産品、温泉情報等、各地の情報が詰まっています。

これ以外に「体験」というカテゴリーがあります。ここでは、熊本県ならではの観光体験として、「イルカウオッチング」「乗馬体験」「漁師体験」「熊本の歴史・文化」が紹介されています。

又、県内の各地を「県北」「阿蘇」「熊本市」「天草」「県南」「県央」のエリアで分類され、各地で開催されているイベントや体験メニューが載せられています。

なごみ紀行

熊本県の穴場スポット(観光・旅行・GW・連休・夏休み)

・水前寺成趣園

通称「水前寺公園」。

熊本県熊本市中央区に位置する大名庭園です。

大名庭園とは江戸時代の大名が築造した庭園のこと。

ここの庭園は、熊本藩細川氏の初代藩主細川忠利が寛永13年(1636年)頃から築いた「水前寺御茶屋」が始まりと言われています。

庭園の総面積は約7万3千㎡あります。

国の名勝及び史跡に指定されています。

詳細は「水前寺成趣園」をご覧ください。

・人吉クラフトパーク石野公園

吉球磨の歴史を学び、文化に触れることができる体験型のテーマパーク。入場料無料です。

公園内には様々な展示物や工芸体験の他に、売店やキャンプ場、遊具や砂場があるちびっこ広場もあります。

又、展望所からは高さ25mあり、最上階からは360度の大パノラマが見渡せます。

時期によりお祭りも開催されています。

詳細は「人吉クラフトパーク石野公園」をご覧ください。

スポンサーリンク

・立田自然公園

立田山麓にある、肥後藩主・細川家の菩提寺泰勝寺(たいしょうじ)の跡。

細川家初代藤孝夫妻と二代目忠興とガラシャ夫人の墓「四つ御廟(ごびょう)」や、武人でありながら茶道にかけては国内随一といわれた細川忠興の原図に基づいて復元された茶室「仰松軒」などがあります。

詳細は「立田自然公園」をご覧ください。

・阿蘇ネイチャーランド

サイクリングや新感覚スポーツギア「ポッカール」、エンジンが付いたモーターマウンテンボードといったネイチャースポーツの他に、パラグライダーや熱気球が体験できるスカイスポーツが体験できます。

10名以上の団体様向けには、スポーツカイトやディスクゴルフ、カヌー体験等が用意されています。

詳細は「阿蘇ネイチャーランド」をご覧ください。

・くま川下り

球磨川は熊本県内最大の川で、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つです。

観光で行われている「くま川下り」は、「急流コース」と「清流コース」そして「こたつ船」に別れています。

ゴムボートで急流を下る「ラフティング」もあります。こちらは「ファイティング」と「オールラウンド」というコースプランになっており、どちらも小学5年生から体験することができます。

 

詳細は「くま川下り」をご覧ください。

関連記事・他の穴場情報

熊本県の農業体験・漁業体験ツアー
熊本県の「田舎暮らし体験」・「お試し田舎暮らし」
阿蘇ファームランド
大自然を利用した健康テーマパーク。
阿蘇火山博物館
活火山である阿蘇山の全てがわかる博物館。

-全国の観光・旅行・レジャーの穴場スポット

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら