本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



田舎暮らし支援情報

種子島の田舎暮らし支援情報

2015-04-01T16:45:39+09:00 2015/04/01

種子島の田舎暮らし関連情報

種子島は九州の鹿児島県に属し、大隅諸島を構成する島の1つ。

大きな島で、面積は約445k㎡と奄美大島、屋久島に次いで3番目です。

人口は約33000程でこちらも奄美に次いで2番目になります。

鉄砲が伝来した島としても知られていますし、宇宙センターがあることでも有名です。自治体は「西之表市」「中種子町」「南種子町」があります。

種子島の観光・気候

種子島の観光

種子島の観光としては、宇宙センターが有ることから「宇宙科学技術館」や「ロケット祭り」、鉄砲関係では「種子島開発総合センター(鉄砲館)」や「種子島鉄砲まつり」、他は「たねがしま赤米館」、「中種子町立歴史民族資料館」、「千座の岩屋」等が挙げられます。

種子島の気候

年間通して温暖です。

年間の平均気温は約19度、最低気温は約1度、最高気温は約33度となります。

台風の影響を受けやすい地域で、年間降水量も2000~2500mm程になります。

スポンサーリンク

種子島の移住支援

西之表市

西之表市は、種子島の北に位置する最も大きな自治体です。

この中にUIターン者の支援施策が紹介されています。

島元気郷たねがしま構想

ここでは、「住宅の支援」として新築住宅や空き家住宅を改修して賃貸している物件が紹介されています。又、移住後の生活サポートとして、「生活支援」も行っています。

生活支援では、「定住促進を支援するために、島元気郷たねがしま支援協議会を組織し、定期的な様々な情報の提供、相談・交流事業等」が紹介されています。

詳しくは「島元気郷たねがしま構想」をご覧ください。

種子島U・Iターンサポートセンター

種子島に移住を希望する人たちに移住に関する総合的な相談を受け付けている民間団体です。

具体的な活動としては移住者の住まいに関する情報の公開や、就職・求人情報、下見の付き添い、移住相談掲示板の運営など。

既に多くの移住者が定住に成功しているようですが、仕事と住まいを確保するのが難しいようです。サーファーも多く移住しています。

詳しくは「種子島U・Iターンサポートセンター」をご覧ください。

関連情報・参照先

-田舎暮らし支援情報

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら