本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の観光・旅行・レジャーの穴場スポット

宮城県の穴場

2015-04-10T11:46:33+09:00 2015/04/10

宮城県の穴場情報(観光・旅行・GW・連休・夏休み)

宮城県は太平洋に面している東北の県です。面積・約7,286k㎡、人口・約2,325,400人。気候は北部が太平洋側気候・南部が関東型気候です。

県庁所在地は七夕祭りで知られる仙台市。

仙台は東北地方最大の都市です。

この七夕祭りは東北四大夏祭りの一つに数えられています。

祭りの期間中毎年200万人以上の観光客が訪れるそうです。

東北三大祭りと東北四大祭りについては下記で・・・

  •  東北三大(夏)祭り・・・仙台七夕まつり・青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり
  • 東北四大(夏)祭り・・・三大祭りに山形県山形市の山形花笠まつりを加える

宮城県にも観光や旅行、キャンプの穴場や、夏休みやゴールデンウイークの穴場、あるいは、紅葉や潮干狩りの穴場など多くの穴場スポットがあると思います。

あまり知られてないような穴場観光地やキャンプなどのアウトドアスポットなども。

特に世界三大漁場の三陸沖が近いことから魚介類は新鮮。穴場グルメスポットも存在するのかも。

ここでは主に、各種の観光や旅行の穴場と、子供も楽しめるような穴場スポットを紹介しています。


スポンサーリンク

宮城の総合観光情報サイト・「宮城まるごと探訪」

公益社団法人宮城県観光連盟のHP。

宮城県のおすすめスポット、イベント情報、グルメや自慢の宿等、5000を越える宮城観光に関する情報が随時更新されています。

観光スポットは「仙台・松島」「県南」「三陸」「県北」に分かれて詳しく紹介されています。

又、震災の爪跡が残る地域を対象にした「宮城復興ツーリズム」も企画されています。

宮城まるごと探訪

宮城県の穴場スポット(観光・旅行・GW・連休・夏休み)

・秋保ベジ太倶楽部

朝どりの無農薬野菜と山菜にこだわった農家レストラン。

所在地は仙台市太白区秋保町馬場字滝原。ここで無農薬野菜を30年間作り続けているそうです。

主なメニューは「ふるさと膳」と「山の幸膳」になり、どちらも古代米おこわと山菜、野菜の料理が10品以上付いてきます。

他にも体験メニューが用意されています。

体験メニューの内容は、味噌作りや農作業の手伝い、栗拾い、芋煮会等、季節に合わせて開催されています。

詳細は「秋保ベジ太倶楽部」でご覧ください。

スポンサーリンク

・焼き牡蠣の食べ放題(松島さかな市場)

宮城県宮城郡松島町松島にある魚市場。

宮城県と言えば東北を代表する近海・遠洋漁業の基地があることで知られています。

ここの魚市場は、産地直送の活魚や鮮魚、海産物が1500種類も売られています。

それは、気仙沼で7隻ををの大型マグロ船を所有する網元がこの市場を作ったからだそうです。

まぐろもメニューも豊富ですが、季節限定で「焼き牡蠣食べ放題」が開催されています。

料金は45分2000円からですからお得ではないかと思います。

詳細は「焼き牡蠣の食べ放題(松島さかな市場)」でご覧ください。

・漁火パーク

唐桑半島の海を見下ろす早馬山中腹にあります。

山頂には展望台が整備されていて、隣接する遊歩道を歩けば太平洋の大海原と唐桑瀬戸を眺めることができます。

レストランでは旬の食材を使った料理を味合うことができますし、夜になるとイカ釣り漁船の漁り火が幻想的な魅力を醸し出しています。

又、早馬山の麓にある早馬神社(本殿)は、海上・交通安全、方除、厄除、必勝の御神徳として、また家相が観れる神社として、胎内の赤ちゃんの男女を判断する神社として厚く信仰されています。

詳細は「漁火パーク」をご覧ください。

スポンサーリンク

・松島四大観

松島湾に浮かぶ260余りの島を一望できる名所。

それぞれの場所から松島湾を眺めた印象から“麗観”“偉観”“壮観”“幽観”と呼ばれているそうです。

山頂の大仰寺には、奥州三観音の一つ・富山観音が祀られています。この庭から東南西の三方を一望することができます。

詳細は「松島四大観」をご覧ください。

・かんけつ泉「弁天」

大崎市にある間欠泉。

地下20mから100℃を超える熱湯が噴き上げています。

鬼首の間欠泉「弁天」は焼く5分おきに15m以上噴出し、「雲竜」のほうは5分おきくらいで6~7m」の高さで雲の中を竜が舞うように湯柱を噴き上げます。

詳細は「かんけつ泉弁天」をご覧ください。

関連情報・他の穴場情報

-全国の観光・旅行・レジャーの穴場スポット

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら