本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



田舎暮らし体験談

小笠原諸島の移住体験談

2015-04-04T18:23:46+09:00 2015/04/04

小笠原諸島の基本情報

行政区画・・・東京都

小笠原諸島の有人島・・・父島・母島・硫黄島・南鳥島

アクセス・・・竹島桟橋から定期航路(小笠原海運)

主な産業・・・漁業・観光業

気候・・・南日本気候・海洋性気候(亜熱帯)

小笠原諸島は太平洋上にある30程の島々からなる東京都特別区です。

有人島は上記の4島ですが、一般人が住んでいるのは「父島」と「母島」で、他は自衛隊の駐屯地となっています。

手つかずの大自然の他、貴重な動植物が生息していることから「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ、2011年には世界自然遺産に指定されています。

小笠原への行き方は東京の竹芝桟橋から「おがさわら丸」が父島の二見港へ定期便を出しています。

観光シーズンには3日に一便、オフシーズンには6日に一便です。所要時間は25時間30分位はかかります。

又、「共勝丸」という貨物船に9名の客室があり、父島と母島を結んでいるとともに、竹芝桟橋から母島まで運行しています。

小笠原諸島の田舎暮らし体験談

エンジョイ!島ライフ

父島へ移住された方のブログです。

2011年に内地へ引き揚げたそうですが、父島での8年間を綴ったブログは小笠原へ移住を考えている人に参考になると思います。

・詳細は「エンジョイ!島ライフ」をご覧ください。

スポンサーリンク

小笠原・てつ家

小笠原に移住し、父島に平成18年にオープンした大人の隠れ家宿「くつろぎの宿 てつ家」を経営されている方のブログです。

「今日の小笠原」では日々の風景写真が紹介されています。

・詳細は「小笠原・てつ家」をご覧ください。

東洋のガラパゴス移住日記

小笠原の、日々の生活、小笠原の歴史、イベントなどなどご紹介されています。

また、ほぼ毎日、夕方のウェザーの様子も載せられています。

小笠原の様子を知るには相当参考になるブログだと思います。

・詳細は「東洋のガラパゴス移住日記」をご覧ください。

小笠原日記

夫婦で小笠原に移住された方のブログです。

小笠原での暮らしを綴られていますが、魚釣りが好きみたいなようで、良く釣りの情報が紹介されています。

・詳細は「小笠原日記」をご覧ください。

夢我人・父島『塩工房』

父島にUターンされて「塩工房」を開業されている方です。

「夢我人」という、チャレンジしている方たちの暮らしを集めたドキュメンタリーサイトで紹介されています。

夢我人とは、『夢や目標を持ち、その実現のために意志を貫いている人』を指した造語だそうです。

スタートラインに立ったばかりの夢我人、知る人ぞ知る夢我人、すでに高名な夢我人等、様々な分野における様々な夢我人をご紹介されています。

・詳細は「夢我人・父島『塩工房』」をご覧ください。

関連記事・参照先

-田舎暮らし体験談

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら