本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



田舎暮らし体験談

神奈川県の移住体験談

2015-04-04T13:46:10+09:00 2015/04/04

神奈川県の基本情報

面積・約2,416k㎡

人口・約9,072,130人

気候・太平洋側気候

県庁所在地・横浜市

横浜市の人口・約3,697,000人

横浜市の気候・太平洋海側気候

神奈川県は東京に次ぐ人口を有してる県です。人口密度も東京、大阪に次いで第3位になります。

そして産業も発達しており、県内総生産は国内で第4位になります。

このように結構な大都市が多いので、田舎暮らしというイメージからは少しかけ離れるかも知れません。

ただ、神奈川は西に行けば、箱根や湯河原、三浦半島最南端の三浦市、真鶴半島の足柄下郡、丹沢湖がある足柄上郡山北町等は自然豊かな田舎が存在しています。

神奈川県の田舎暮らし体験談

高橋由為子のキラキラ海うさぎ日記

海の見えるところに住みた~い!と軽いノリで三浦半島に移り住んで20年以上という、イラストレーターの方のブログです。

野菜作りにも挑戦されてるみたいで、パクチョイやリーフレタス、ホワイトサルシファイ、トマト・フィレンティーノ等、様々なものを作られています。

又、「プチ・桃源郷だより」では農業をしている面白いイラストが載せられています。

・詳細は「高橋由為子のキラキラ海うさぎ日記」をご覧ください。

スポンサーリンク

神奈川県の移住情報

箱根・空き家空き室情報

箱根町は神奈川県西部の箱根峠の東に位置します。足柄下郡に属しています。

箱根は古くから東海道の要衝で、「天下の険」とも言われた難所箱根峠には関所が置かれていました。

現代では、箱根湯本温泉を初めとした箱根温泉、芦ノ湖、箱根火山の噴煙地大涌谷、ススキの草原や仙石原温泉で知られる仙石原等、観光と保養の地としてその名を全国に知られています。

箱根町のHPを見ると、特に移住支援関連の情報は無いのですが、空き家情報が載せられています。

物件の情報提供は、「箱根町空き家・空き室情報ホームページ掲載要綱」に従って申請するところから始まります。

そして、物件の所有者が箱根町に住民登録をされていることや税などの滞納が無いことの要件を確認されたら、箱根町ホームページに掲載されます。

これを見られた方が契約に至るときは物件所有者と、購入予定者との間で直接行います。

契約内容や物件に対する苦情、トラブルには町は関わりません。

そのため、仲介手数料も発生しないことになります。

・詳細は「空き家・空き室情報」をご覧くださ

関連記事・参照先

-田舎暮らし体験談

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら