本気に田舎暮らし

当サイト「本気に田舎暮らし」では、田舎暮らし(いなか暮らし)を考えているような人に、田舎暮らしの問題点や準備、あるいは田舎暮らし情報など様々な情報を発信しています



全国の公共空き家バンク

長崎県の空き家バンク

2015-04-08T21:26:43+09:00 2015/04/08

長崎県の空き家・空き地・不動産情報

持ち家率

長崎県の持ち家は354,100、持ち家率は65.7%です。

空き家は88,800戸です。空き家率は約14.1%です。過去の調査(15年)に比べ1,8%増加しています。

長崎県の宅地建物取引業協会

長崎県宅建協会に所属している不動産業者の紹介、不動産取引の知識、不動産トラブルにおける無料相談。

長崎県宅地建物取引業協会

長崎県の自治体

長崎県は「県南」「島原」「県北・離島」「県央」の4地域、13市8町で構成されています。

  • 県南・・・長崎市・西海市・時津町・長与町
  • 島原・・・島原市・雲仙市・南島原市
  • 県北・離島・・・佐世保市・平戸市・五島市・松浦市・壱岐市・対馬市・新上五島町・小値賀町・佐々町
  • 県央・・・諫早市・大村市・波佐見町・東彼杵町・川棚町

スポンサーリンク

長崎県の空き家・空き地・古民家(空き家バンク)

長崎県は九州の西端部の県。無人島、有人島を合わせて970以上で、その数は日本一。

周囲は玄界灘、対馬海峡、東シナ海、有明海など幾つもの海域に囲まれています。

気候は暖流の対馬海流の影響で温暖で寒暖さも比較的少ない。自然も豊かで幾つもの自然公園を有しています。

 ながさき田舎暮らし情報局

長崎県への移住を応援するサイト。

移住・定住・二地域居住に関する情報を発信しています。

空き家情報を提供している市町村は下記で・・・

・対馬市

山林が面積の90%近くを占める自然豊かな島です。

気候は対馬暖流の影響を受け、温暖で雨が多い海洋性の気候。

対馬市空き家バンク制度では、対馬市で田舎暮らしを希望している方(UIターン者)専用の住宅を紹介しています。

UI ターン者対象空き家情報

・壱岐市

壱岐島の大半を占める市。壱岐島は玄界灘に位置する離島で、福岡市から北西に約880km、佐賀県北端部の東松浦半島から北北西に約20kmにある。

ここも暖流の影響を受け温暖な気候。

壱岐市では、定住人口の増加による地域振興を図るため、壱岐市にUターン・Iターンを希望される方に情報を提供する「空き家・空き地情報バンク」を開設しています。

壱岐市空き家・空き地情報

・平戸市

長崎県北西部の平戸島とその周辺を合わせた市。長崎県と九州本土の市としては最西端に位置する。移住希望者のために空き家情報を発信しています。

市内の空き家情報

スポンサーリンク

・小値賀町

五島列島北部の小値賀島と周辺の島々を行政区域とする町。

「おぢか国際音楽フェスティバル」を春に行うことで知られる。

小値賀町では、町内の空き家情報を収集し、UIターンを希望される方へ個別に情報提供を行っています。

小値賀町の田舎暮らしUIターン情報・ワンストップ窓口(相談窓口)へ

・新上五島町

長崎県五島列島の中通島・若松島とその周囲の島で構成する町。有川町・上五島町・若松町・新魚目町・奈良尾町の5町が合併して誕生した。

新上五島町・空き家情報マップ

・西海市

長崎県西彼杵半島の北部に位置する市。五島灘・佐世保湾・大村湾に囲まれた西彼杵半島北部と、周辺に点在する島で構成される。

西彼杵郡北部の西海町、西彼町、大島町、崎戸町、大瀬戸町の計5町が合併して誕生したまち。

西海市・空き家情報

・長崎市

九州の北西部に位置する、長崎県の県庁所在地。

古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市である。江戸時代は国内唯一の貿易港出島を持ち、ヨーロッパから多くの文化が入ってきた。外国からの文化流入の影響や、坂の多い街並みなどから、日本国内の他都市とは違った景観を保持している。また、県下最大の人口を持つ長崎県の中心都市である。

長崎市の公式サイト・ながさき暮らし

・雲仙市

長崎県島原半島西部に位置する市。

南高来郡の7町、国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町が合併して誕生した市。

雲仙市・空き家情報

・南島原市

長崎県島原半島南部の市。雲仙岳があることで知られる。

南高来郡加津佐町・口之津町・南有馬町・北有馬町・西有家町・有家町・布津町・深江町の8町が合併して誕生した。

南島原市・空き家情報

詳細は下記の関連記事で・・・

関連記事・参照先

関連記事・(全国の空き家バンク)

-全国の公共空き家バンク

地方移住・住まい・仕事を探すには情報収集が必須です

仕事・住まい・生活。

下調べもせずに地方に移住しても、失敗してしまうことが少なくありません。

田舎に移住するには、なによりも情報の収集が重要なのです。

自治体ごとに特色の違う様々な移住支援で移住者を募っています。

なかには家賃が無料だったり、第一子から保育費・給食費が完全無料といったような、信じられないほどお得な移住支援が実施されている自治体もあります。

UIターン・移住・定住支援・シングルマザーの移住・定住総合支援などの情報を収集するには、地方創生プロジェクトへの無料登録がオススメです。

地方創生プロジェクトに登録を行い、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

移住先で新たな移住者を支援する地域おこし協力隊員という働き方もありますよ。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら

追記:地方創生プロジェクトの登録方法がわからなかったとのお問い合わせを多数頂きました

「無料登録したいのだが登録方法がわからなかった」というお問い合わせを多数頂きました。

メニューが多いため、登録フォームがわかりにくかったようです。

PCを使って地域創生プロジェクトに登録する方法

画面上部のナビゲーションバーの一番右側に、登録・お問い合わせというメニューがありますので、そこから無料登録をお申込いただけます。

地方創生プロジェクトの会員に登録してお得な情報を収集する(無料です)にはこちら